竜王町は、滋賀県南部に位置しており、鈴鹿山系の良い水脈に恵まれた畜産にふさわしい環境の中、近江牛のふるさととして約3,000頭の和牛が飼育されています。
 近江牛発祥の地として知られる竜王町。伝統ある飼育方法と安全な飼料で愛情いっぱいに育てられた近江牛が自慢です。
 その中で、澤井牧場においては昭和50年から肉用肥育を開始し、現在では約1,800頭の和牛肥育管理に努めております。
 当牧場の牛たちは、のどかな田園と豊かな自然が育んだ良質なわらと清らかな水で健康に育っています。
 400年もの歴史を持つ近江牛は先人の築き上げた熱意の中で「牛と共に」をモットーに豊かな味わいを守り続けています。



平成29年12月22日に商標登録受理
有限会社澤井牧場で独自の混合飼料により肥育させた近江牛の雌を澤井姫和牛とする。
自社ブランドを更に確立するために、「牛と共に」のモットーで日々、研究しています。